記事内に広告が含まれています。

子育てのイライラが止まらない!どう叱れば良いの?

スポンサーリンク

子供を育てていると日慌ただしく、

自分の時間もなかなか取れないもの。

そのため、かわいい我が子でもついイライラして

きつくたってしまうようなことがあるかもしれませんね。

あとで顔を見た時に、

叱り過ぎたことを後悔してしまった…なんていうのは、

多くのママが経験しているはずです。

そこで今回は、

そんな育でイライラしてしまった時の策と、

また本に子供のためになる叱り方についてもみていきましょう。

スポンサーリンク

子育てで多くにママの悩む!?正しい叱り方って?

子育ての中で子供をしつけたり、

時には褒めたりすることは大事なことですよね。

そんな中、1番難しいとも言えるのが「叱る」ということ。

もしも叱り方を間違えれば、

子供のその後の人生にも大きく影響してしまうほど、

とっても大事な問題です。

そこで今回はどう叱れば子供の心にくのか?みていきたいと思います。

まず「叱る」と似た言葉で「怒る」というのがありますが、

この二つ。

似ているようで全く意味が違います。

怒るというのは感情任せに子供を怒鳴ったりすることをいい、

一方で叱るというのは親子のコミュニケーションの一つと考えられています。

つまり子供に親が何をえたいのか

しっかりわっていないのであれば、

に親が怒っているとも言えるわけです。

では怒るのではなく叱るためにもどうすれば良いのでしょうか?

まず目を見てしっかりわるように話しましょう。

そして叱っている理由を明らかにします。

例えば「○○しないと、怪我をするよ」などと、

明をすることで子供も何故自分が注意をされているのかがよく分かるのです。

また叱る時には言葉はシンプルに。

特に危なシーンではいかにすぐに子供にわるかが大事です。

「ダメ!」などという言葉を出るだけ使わない親もいますが、

命にわるようなこと、あるいは怪我につながるようなことにしては、

こういった言葉の方がすぐにわりやすいです。

子育てでイライラしない方法とは?

叱り方がわかったところで

今度は子供についイライラしてしまう人に知っておいてほしい、解決法です。

まずは、誰かしらの相談相手を作ることでしょう。

母やママ友など子育ての大さを理解してくれる人ならなお良いですね。

もちろんパパに相談しても良いですね。

またイライラしそうになったら

一時的に別の部屋などに逃げてしまうのも手です。

もちろん後追いなどで泣いてしまう赤ちゃんもいるのですが、

ほんの一瞬でも1人になれたらかなり分もリフレッシュできます。

イライラしていた持ちも少しは落ち着くはずです。

本格的に自分の時間が欲しい!

という場合には一時保育も一つの手としてあります。

ママのリフレッシュのためにも利用できるので、

近くの保育園で一時保育を行なっていないか一度問い合わせてみてくださいね。

ちなみに、ママが常にイライラしていると子供にも然影響があります。

その一つが子供の自己肯定感

小さい頃にいつも怒られけた子供はママの顔色を伺うようになります。

すると「自分はママから必要とされていない」などと

そのうち自己肯定感が低くなることがあります。

こういった子供は将来的にキレやすくなるなどともいわれています。

ですから、ママがイライラを溜めないことは子供のためにもつながるんです。

子育てが大変なのはいつまでなの?

子育てをしていて大だな…と感じているのは、他のママも同じ。

この大な時期はいつになったら終わるの!?と思うこともあるはずです。

子供だって成長しています。

少しずつですが、ママの負も少なくなっていくのが普通です。

だいたい多い意見としては5くらいで育も落ち着いてくるようですね。

というのも1までは授乳、

3くらいまではイヤイヤ期、

そして5くらいで言葉がわかり始めるからです。

イヤイヤ期も落ち着いてくる頃ですので、

子育てはまずはひと段落するところでしょう。

もちろん5でもまだまだ手がかかる部分というのはあります。

ただ、生まれてすぐの不足や、

イヤイヤ期の泣きぐずりなどがなくなるのは本です。

もっと大きくなれば子供はなんでも

自分で自分のことができるようになっていきます。

今が辛い…と感じているママ!

の大な時期はいつか終わりがます!

ですからあまり抱えみ過ぎずに、

なるようになる!

というくらいの持ちで日の子育てに向かい合っていきましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

子育てをしているとみはきないもの。

特に産まれてすぐの乳の頃は

いつもを張って子供を見なくてはならず本に疲れますよね。

なれない授乳やオムツ替えに惑う方も多いでしょう。

そんななか、ママだって時には

かわいい我が子に八つたりしてしまうほど、

イライラしてしまう時もきっとあるはずです。

ただあまり自分を責めずに、

つい怒りに任せて怒ってしまった時にはぎゅっと抱きしめてあげましょう。

そうすることでママの愛情はしっかりわるはずですよ。

コメント