記事内に広告が含まれています。

小学校で英語が教科に!塾に通ったほうが良いの?!

スポンサーリンク

2020年に日本でオリンピックとパラリンピックが
開催されるということが決まってから、小学校で
英語が教科になることが決まりました。

現在は5年生と6年生が外国語活動を
していますが、それが3・4年生からになり、
5・6年生は英語という教科が始まるのです。

この国の動きに合わせて、英語を習い事に
させているママが増えました。

私の子どもの周りも、英会話スクール
行っている子供もたくさんいます。

でも、本当に幼いうちから英語を塾で学ぶ
必要はあるのでしょうか?!

教育現場で長年働いていた経験から、私が
その疑問にお答えします!

スポンサーリンク

現場の先生たちも混乱している?!

小学校の先生たちで、英語が専門教科の人は
今は本当にひと握りなのです。

ということで、小学校で外国語活動が
始まるというとき、小学校の先生たちは
大変混乱しました。

だって、英語に長年触れてきていなかったのに、
子どもに急に教えないといけなくなったからです。

英語が堪能な先生は残念ながら小学校には
ほぼいません。

頼れるのは、各学校に一人配属される
外国人のALTのみでした。

ママたちの中にも、小学生の頃ALTと
英語で遊んだ記憶がある人もいるのでは
ないでしょうか。

今後、2020年に向けて英語が教科に
なることで、小学校の先生たちは
さらに混乱しています。

他の教科の教材研究に校務に学級運営までと
行事の準備に大忙しなのに、英語のことまで
考えなくてはいけないからです。

まだちゃんとしたカリキュラムも具体的には
できていないのに、どうやって英語を
教科化していくのかが、現場の先生も
よく分かっていないのが本音なのです。

小さいうちから英語は塾で習うべき?!

英語が教科化されることになり、子供が
小さいうちから英会話に習いに行かせている
ママも増えました。

でも、ここで一つ問題があるのです。

子供たちは、母国語である日本語で自分の
考えや気持ち、思いを順序立てて豊富な語彙で
伝えることはできますか?

相手の気持ちや考えを汲み取って、それに対する
自分の考えを伝えることはできるのでしょうか?

実は、これができない年代の子供たちが英語を
どんなに習いに行ったって無意味なのです。

今後求められる英語の力は、読み書き以上に
話す力です。

ご存知かもしれませんがセンター試験でも、
これが重視されることに決定しました。

単に、英会話スクールに通わせていることに
満足してはいけないのです。

英会話スクールでは、歌をうたい、色や数、
形、自己紹介、自分の好きなものなどを
言えるようになるくらいです。

これは、将来何の役にも立ちません

実際に、私の妹は3歳の頃から英会話スクールに
週に一度通っていましたが、高校生になった
今では何にも話せません。

もちろん、本人のやる気も必要でしょう。

間違えて捉えて欲しくないのは、塾に通わせては
いけないとは言っていないのです。

英会話スクールに通っている事実だけに
満足してほしくないからです。

そして何より本人のやる気を大切に考えて
あげてほしいのです。

子供が英語に触れてみて、もっと話せるように
なりたいと探究心が芽生え始めれば塾に通わせて
いることは大成功したといっていいでしょう。

ちなみに私が初めて英語を習い始めたのは
小学校5年生でした。

今ほど周りに英語を習っている子はいません
でしたので、珍しい方でした。

初めて学ぶ言語に興味をもち、小学校6年生で
英語検定準2級まで合格しました。

ですが、子供にも向き不向きがあります

英語だけが全てではないので、習い事は
よく吟味してくださいね。

英語を習わせるなら焦らないで!

英語を習いに行かせるのであれば、私は迷わず
イーオンをおすすめします!

私は、実際に大学の4年間通っていたのですが、
イーオンは読み書きだけではなく話すこと、
聞くことにかなり力を入れています。

少人数の授業で、一人一人スピーチする時間が
たくさんあったり、互いに英語で意見を述べ合う
時間もあったりしました。

そして何より素晴らしいのが講師の質です。

TOEIC満点の講師がたくさんいるので、
英語を学ぶ点に関しては不安なものは
ありません。

子供向けの授業もたくさん行われていますが、
大人向けの授業同様に、話す・聞くことに
力を入れています。

外国の講師もたくさん在籍されているので、
空き時間には英語でおしゃべりを楽しむことも
可能です。

もし、英語を習わせたいけど、どこに
通わせようかと悩んでいるママがいたら、
イーオンの体験に行ってみてもいいのでは
ないでしょうか。

まとめ

小学校から英語から始まるということで、
子供を持つ親は大変焦っていると思います。

自分は英語を話せないから、子供には
話せるようになってほしいと、そんな願望さえ
抱いていることでしょう。

でも、焦らないでくださいね。

本当に自分の子供に英語の習い事が合って
いるのだろうかと考えてみることも大切です。

子供って、必要になれば自分から学ぼうとする
素晴らしい力を持っています。

そのときを待ってあげるのも、時には必要かも
しれませんね。

コメント