記事内に広告が含まれています。

市販の野菜ジュースに健康効果はないの?気になる疑問を解決!?

スポンサーリンク

健康の為には、1日に野菜を350g摂る必要が
あると言われています。

でも、350gって意外と多く食べきれなかったりします。

そんな時に役立つのが野菜ジュース

忙しくて朝にちゃんと食事をする時間が無くても、
野菜ジュースなら飲みながら準備も出来るし、
一石二鳥です。

健康にも良いと思って飲んでる人は多いと思います。

でも野菜ジュースでは、健康効果は
期待できないという噂もあったりします。

そこで、野菜ジュースについて調べてみました。

スポンサーリンク

衝撃!! 市販の野菜ジュースでは酵素が摂れないってホント!?

 

 

手軽に飲める市販の野菜ジュースですが、
それだけでは一日に必要な酵素が摂れない
言われています。

酵素って何?酵素の働き

酵素は、人間が生きていく上で欠かせないものです。

酵素には、

  • 食べ物の消化
  • 吸収
  • 分解
  • 新陳代謝の促進
  • ホルモンバランスの調整

などの働きがあり、健康には不可欠なものです。

体内の酵素が不足すると色々と不調がおき、
消化・吸収・排泄がスムーズに行われなくなり、
代謝も悪くなってきます。

その結果、便秘や肥満にも繋がってしまうと言われてます。

野菜ジュースでは酵素が摂れない理由

酵素は、主に野菜や果物の他に発酵食品
多く含まれていると言われています。

新鮮な野菜や果物を食べて、酵素を摂取するのが一般的です。

朝食や昼食、夕食などサラダを食べたり
デザートに果物を食べるのはその為でもあります。

ですが、野菜ジュースでは必要な酵素を補えない
言われてるのは、「加工・加熱」をしているからなのです。

効率よく酵素を摂取するには、新鮮な野菜や果物を
そのまま食べるのが一番です。

酵素を含む食品

基本的に酵素は、野菜や果物の他、生の肉や魚などにも
多く含まれております。

酵素を含む食品を見ていきましょう。

発酵食品

発酵食品と聞いたら納豆や味噌などを
思い浮かべるかと思いますが、他にも
漬物やヨーグルト、キムチなどもです。

毎朝の食事に納豆、夕食には漬物やキムチ、
そしてデザートにはヨーグルトといったメニューにすると
ほぼ毎日酵素を摂取する事が出来ます。

果物

加工・加熱をしなくても食べられる果物
簡単に酵素を摂取する事が出来る食べ物です。

食後にデザートとして一品、果物を加えるといいですね。

野菜ジュースを手作り 健康効果を高めるために知っておくべきこととは!?

 

効率良く、より多くの酵素を摂取したいなら、
野菜ジュースを手作りするのがおススメです。

手作り野菜ジュースを飲むタイミング

野菜ジュースは、朝に作りたてを飲みましょう。

起きてから水を一杯ほどを飲んでから、
ジューサーなどで野菜ジュースを作り飲みます。

加工して時間が経つと、徐々に栄養素は
減っていきますので、作ってすぐ飲むベストです。

この時にスロージューサーを使う事で、
より多くの栄養素を吸収する事が出来ます。

その際に出たカスは、ハンバーグに混ぜたりして
工夫すると食材を無駄なく使えます。

まとめ

 

野菜ジュースや酵素について紹介しましたが、いかがでしたか?

健康に過ごすためには、野菜や果物に多く含まれる酵素は
必要不可欠な栄養素です。

酵素は、加熱や加工はせず、そのまま摂取するのが
良いと言われています。

ちょっと栄養が足りないかなと感じたら、
足りない分を市販の野菜ジュースなどで
補うのが良いでしょう。

コメント