記事内に広告が含まれています。

汗が原因!?酸っぱい臭いの正体とその対策

スポンサーリンク

外回りの営業に辛い季節がやってきます。

たくさん汗をかく夏は、汗と臭いが気になるのでは
ないでしょうか。

タオルで汗をふき取るけれど、汗って臭いがするの?
この酸っぱい臭いは何?

その酸っぱい臭いの正体と対策をご紹介します。

【臭いの種類は3つ】

大きく分けて3つの臭いに分類されます。

あの酸っぱい臭いは、どれでしょう?

汗臭  汗の成分で、お酢のようなにおいが特徴

加齢臭  中高年独特の臭い

疲労臭 筋肉の疲れ、ストレスが原因のアンモニア刺激臭

臭いの原因にも色々あるんですね。

【酸っぱい臭いの正体】

酸っぱい臭いの正体は、(エクリン腺)汗臭という
汗です。

そして、汗臭はだれでもかく汗からくるのです。

臭いの原因は簡単で、細菌が混じるから起こる
臭いの事でした。

汗臭は新陳代謝の活発な 20代の頃に
ピークを迎えます。

エクリン腺は体全体にある汗腺で、それは体温と
水分調整をするためであり、この汗は汗腺から
出るのです。

しかし、この汗は汗自体の臭いでは無いのです。

意外だと思いませんか?

皮膚表面上の垢や、皮脂、ホコリなどが、
無臭のエクリン汗とまじりあうと皮膚上の細菌が
増殖して酸っぱい臭いの正体・原因となるのです。

【酸っぱい臭いの対策】

汗が、もともとは無臭だって、ほんと意外でしたね。

エクリン腺に細菌がまじりあうと臭いの原因に
なりますから、汗をかいたら、すぐにふき取るのが
一番の対策ではないでしょうか。

細菌を増殖させないことが、汗臭を防ぐこと。

つまり、ボディーシート濡れたタオルで汗を、
できるだけ早くふき取るとよいでしょう。

スポンサーリンク

汗が原因!?台無しのメイク崩れを防止したい

朝のメイクも汗でメイクが崩れて、とても残念な
気分になりませんか?

メイクが台無しになると、モチベーションが
下がりますよね。

特に暑い夏は、汗と皮脂が原因でメイクが崩れて
気分も台無しになってしまいます。

なのに暑い夏は、メイクをしながらでも
汗をかいていませんか?

メイクをしながらの、そんな状況を回避する
方法です。

【メイクをするときのコツ】

・メイク前の体温調節

わきの下や首すじを、冷やしたタオルなどを
あてて汗を止めます。

体温を下げる調節をしてからメイクに
取り掛かりましょう。

・メイク下地(土台つくり)がとっても重要

夏のメイク崩れには、下地がしっかりして
いなくてはなりません。

テカリ防止下地、化粧崩れ防止とよばれる
下地などでしっかり土台をつくっておけば、
夕方までメイク崩れを防ぐことができます。

リピーターの多い人気のメイク下地
ご紹介しましょう。

・ソフィーナ プリマビスタ

皮脂くずれ防止化粧下地ラインナップ

商品ラインナップ|プリマヴィスタ|花王
プリマヴィスタの商品ラインナップ。ファンデーション、下地、おしろい、フェイスパウダー、コンシーラーなど。

・資生堂 マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースEX

www.shiseido.co.jp/

・ビオレUV

SPF50+の化粧下地UV 皮脂テカリ防止タイプ 日焼け止め

404 NOT FOUND

どれが自分にぴったりのメイク下地か調べて
試してみてくださいね。

汗が原因!?刺激が強すぎるものは肌荒れの原因

汗拭きシートは夏の必須アイテムです。

仕事での外出や、スポーツのあとに使う人は
多いのではないでしょうか。

鞄の中や、会社のデスクの中に常備して、
べたつく汗をさっと拭きとる汗拭きシートは、
速攻でさっぱり、すっきり、爽やかな状態にしてくれる
優れものですね。

殺菌除菌や、角質ケア、美白、天然素材、
香りつき、サラサラパウダーなど選ぶ基準が
たくさんあって、迷ってしまうほどです。

しかし、刺激が強すぎては肌が荒れてしまうことも
あるので、お肌に負担をかけることなく、正しく
汗拭きシートを使いましょう。

【汗拭きシート正しい使い方】

汗拭きシートを使って、臭いの原因となる
雑菌を拭き取りましょう。

汗拭きシートは、上から下へ向かって、拭いていくと
無駄なく効率的に汗を拭き取ることができます。

耳の後ろ、首回り・デコルテ、わきの下など
汗をかくポイントはしっかり拭きましょう。

【選ぶポイント】

汗拭きシートには、デオドラント成分(臭いを防ぐ
成分)が入っているもの、入っていないものがあります。

デオドラント成分とは、汗の臭いの原因を防ぐ、
殺菌成分のことをいいます。

汗臭が気になる人は、汗を抑えるパウダー成分より、
デオドラント効果が期待できる製品を選ぶと
よいでしょう。

敏感肌の人には、香り成分や、デオドラント成分が
刺激的に感じるかもしれません。

ひりひり、じんじん、腫れなどの症状があれば、
医師に相談してみましょう。

アルコール成分フリーや、敏感肌用の汗拭きシートも
ありますので、ご自分のお肌に合ったものを
使用してくださいね。

まとめ

朝から汗で目が覚める暑い季節がやってきますね。

室内では冷房による乾燥、外出すれば頭から
汗が噴き出てくるほどです。

汗臭やメイク崩れ、暑さに負けないように、
上手に対策アイテムを駆使して、この夏を
気持ちよくスッキリ乗り切りましょう。

コメント