記事内に広告が含まれています。

海外旅行で大失敗しないために!旅先で絶対必須な服と着こなしを知るべし

スポンサーリンク

人生初の海外旅行はハワイ。

わくわく、ドキドキと楽しい気持ちが
膨らんでいませんか?

そして、そんな気持ちとはうらはらに、不安も
隠せないのではないでしょうか?

行先はどこであれ、滞在国の情報収集
治安情勢などを事前に調べておくのが海外旅行を
安全に楽しく過ごすための基本です。

外国に行くわけですから、快適にすごすために
必須な準備を紹介しましょう。

【基本の準備・ハワイ編】

・パスポート

・ESTA申請 https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

・任意保険 未成年者の海外旅行保険は制限があります

【絶対必須な服と着こなし・ハワイ編】

常夏の楽園、ハワイにも季節があることを
知っていますか?

天候や平均気温を知ることで、現地での
ファッション・着こなしもイメージがしやすくなります。

ハワイでの平均気温は23度前後ですが、
毎年10月から3月が雨季で雨が降りやすい
季節になります。

日本の梅雨とは違い、スコールと呼ばれる雨が
一時的に降ります。

朝晩の寒暖差もありますので、注意ですね。

イメージとしては日本の9月で、昼間は暑いですが、
朝晩は一枚羽織るものが欲しい感じです。

服装は男女問わず、ハワイではラフな感じが
おすすめです。

日中、街中を楽しむならカジュアルスタイルが
いいですね。

【メンズカジュアル】

◎トップス:半袖Tシャツ、半袖ポロシャツ、シャツなど

◎ボトム:ジーパン、ハーフパンツ、カジュアルパンツなど

◎靴:サンダル、スニーカー、ビーチサンダルなど

◎その他:サングラス、帽子、薄手のパーカーなど

【レディースカジュアル】

◎トップス:ノースリーブ、半袖Tシャツ、

半袖ポロシャツ、シャツなど

◎ボトム:ショートパンツ、スカート、ジーパン、

ハーフパンツ、など

◎セット:ワンピースなど

◎靴:サンダル、スニーカー、ビーチサンダルなど

◎その他:サングラス、帽子、 ストール、薄手パーカーなど

〈日傘、UV手袋などNG〉

常夏の楽園ハワイは、もちろん日差しも強いです。

日傘をさしたり、長袖を着用したり、長い手袋を
着用したりは違和感を与えてしまいます。

半袖短パンのラフな服装で気軽に過ごしましょう。

〈軽装がNGな場合〉

正装が必要なホテルのレストランもあります。

食事を予約する際には、事前にホテルに
確認しましょう。

襟付きジャケットや、女性もワンピースなどを着用し、
靴もつま先が見えるものはNGとされています。

TPOに合わせて、現地で焦らないように
計画を立てましょう。

スポンサーリンク

海外旅行の準備!バックパックはサイズ選びと機能性が重要

海外旅行の相棒は、バックパックだといっても
過言ではないと思いませんか。

バックパックとは、一般的に個人の海外旅行者が
旅行道具を持ち運びするリュックをさします。

どんなものを選び、どんな機能が重要で必要なのか
悩んでしまいますね。

では、海外旅行用バックパックの紹介をしましょう。

【バックパックが選ばれる訳】

・海外旅行中に徒歩での移動が多くなる場合、
移動にキャリーバックを持ち歩くのは不便で、
困難である。

・身軽であること

【バックパックの種類】

●登山用

過酷な山登りを想定すれば、バック選びは
かなり慎重にしなければなりません。

バックパックの生地、強度、すべてにおいて、
生命と関わってくるからです。

それほど、バックパック選びは大事なのです。

旅行用

シンプルに考えましょう。

旅行日数とそれに見合った容量を見極めれば、
あとは使い心地、デザイン、ブランドなど好みの問題です。

【海外旅行用バックパックサイズの目安】

簡単に滞在期間によって、サイズ目安を確認して
いきましょう。

旅行期間 1-2週間  容量 20-29L
パッキング後目安   ~7kg

旅行期間 1-3ヶ月  容量 30-39L
パッキング後目安   ~10kg

旅行期間 3-6ヶ月  容量 40-49L
パッキング後目安   ~13kg

参考になりましたか?

パッキング後は目安の重さになりますが、13kgって
どのくらいなのでしょうか。

2歳児の子供の重さを考えれば、ずっしりと
くる重さです。

長時間の徒歩移動を併せて荷造りを考えてください。

バックパックの軽量化、持ち物選びも軽さを
求めてしまいますね。

軽量化に、ガイドブックは電子化も効果的です。

【絶対必要な機能】

ポケット

ガイドブック、水分補給用ボトル、雨具など、
ポケットはたくさんあると便利

ウエストハーネス

腰回りのベルトの事です。ウエストハーネスを
巻くことにより、バックパックの重心が背中全体に
分散され、長時間の歩行をとても楽にします。

メッシュの部分

バックパネルとショルダーハーネスの部分が
メッシュタイプは、長時間の使用で汗をかくことを
想定しています。

ファスナータイプ

ファスナーは安心して南京錠をかけられ、
盗難防止になります。

これらのバックパックの機能を確認して、自分に
ピッタリの相性の良いバックパックを見つけましょう。

海外旅行の準備!何かと使える便利グッズを一挙公開

海外旅行を快適に過ごすために、持参して
ほんとに良かったと思える、使える便利グッズ
ご紹介しましょう。

ハンガー付き洗面ポーチ

細かな洗面用具をいれて、使用するときはポーチを
開けたままハンガーで吊るせるタイプが便利。

圧縮袋・ジプロックなど

衣類をまとめたり、仕訳けたりと地味だけど優れもの。

海外変圧器コンセント

軽量でコンパクトなものを選びましょう。

海外の電圧で、日本の製品をつかえます。

モバイルバッテリー

電源を確保できない海外では命綱となります。

まとめ

初めての海外旅行には不安がつきものです。

バックパック機能や、便利グッツを駆使して、
快適な旅行ができると良いですね。

事前の情報収集が、旅を素敵な思い出に
かえてくれます。

安全に楽しい旅行をしましょう。

【参考】外務省海外旅行
www.anzen.mofa.go.jp/

コメント