記事内に広告が含まれています。

【ハンバーグ 焼き方 コツ】 ハンバーグの焼き方のコツを徹底解説!これで失敗しない!?

スポンサーリンク

ハンバーグと聞けば大人から子供まで
誰もが好きな食べ物の1つだと思います。

子供などがいると、
夕食のおかずに作る事が多いと思いますが
意外と上手く作れないものですよね?

焼きすぎて肉がパサパサする…
プロの様な肉汁が作れない…
何度やっても焦げてしまう…
などなど色々な悩みかあるのでは?

実はハンバーグは焼き方がとても重要なんです。

自宅でも美味しく作るには、どう焼いたら良いのか?

そこで失敗しないハンバーグの焼き方について紹介します。

スポンサーリンク

【ハンバーグ 焼き方 弱火】ハンバーグの焼き方は弱火がいい?!正しい焼き方は?!

 

作る人によって色々な味に変化するハンバーグ。

一般的に美味しいと思われるハンバーグは
カットしたら中から肉汁がブワッと出てくる物ですよね?

見た目から美味しさが伝わってきます。

でも自分では、なかなか上手く作る事が難しく
諦めてしまいますよね?

実は焼き方を変えるだけで自宅でも作れるんです。

ハンバーグは弱火で焼くと良いと聞くけど
弱火で焼く理由はなんなのか?

弱火で焼くメリットとは?

ハンバーグを弱火で焼くメリットって
何があるか分かりますか?

簡単に弱火で焼くメリットをあげると

  • 焦げない
  • じっくり火が通る
  • 硬くなりにくい
  • 焼き加減が分かりやすい

などがあります。

強火で焼くと火が入りやすいお肉は
焦げやすくなり表面が黒くなってしまいます。

また、強火で焼く事で中に閉じ込めた肉汁が出てしまい
カットした時にパサパサしてきます。

ただの弱火では意味がない!?

弱火が良いと言っても、
ただ弱火で焼くのは意味がありません。

それは中まで火が通らず切った時に真ん中の部分が
赤く生の状態だったりするからです。

火力を調整しながら焼かないと意味がありません。

ハンバーグの正しい焼き方

切ったら肉汁が出るハンバーグの作り方は
焼き方で大きく変わってきます。

どんな焼き方をしたら肉汁が出るハンバーグを作る事が
出来るのか?

  • 片面は中火で焼く
  • ハンバーグの半分に火が通ったら返す
  • フタをして蒸し焼きにする

この、たった3つの事をするだけで
肉汁たっぷりのハンバーグが作れます。

油を引いたフライパンを熱しながらタネを入れて
中火でタネの半分くらいまで火を通します。

半分ほど火が入ったらひっくり返してフタをし
火にして蒸し焼きにします。

蒸し焼きの時間は大きさにもよりますが10分ほどして
竹串などを刺し赤い汁が出なくなったら完成です。

弱火にして蒸し焼きにしてしまうので硬くなりにくく
中はフワッとしたハンバーグが出来ます。

このひと手間でお店の様なハンバーグが
自宅でも簡単に作る事が出来るようになります。

【ハンバーグ 焼き方 冷凍】ハンバーグの焼き方冷凍編!美味しく焼ける!

 

ハンバーグの保存方法として「冷凍」があります。

冷凍する事で日持ちするので、
すぐに食べる予定がない時は便利だと思います。

冷凍する方法としては2パターンあります。

  1. 焼いてないタネのまま冷凍
  2. 焼いてから冷凍

この2つに分かれますが冷凍すると味が落ちると
言われてますが、美味しく焼くにはどうしたら良いのか?

焼いてないタネのまま冷凍のハンバーグ

タネのまま冷凍する場合、平らにしてすぐに焼ける
状態にしてから冷凍します。

冷凍したハンバーグを美味しく作るポイントとしては
冷蔵庫で解凍してから焼く事です。

電子レンジで強制的に解凍せず冷蔵庫で自然に解凍を
させる事が大事です。

焼く時も片面を中火で焼いてからひっくり返しフタをし
蒸し焼きにして焼くと美味しく食べられます。

焼いてから冷凍したハンバーグ

焼いてから冷凍保存したハンバーグは一般的に
電子レンジで解凍してから温めると思います。

でも、食べた時にパサパサ感が強く美味しいとは感じません。

そんな焼いてから冷凍保存したハンバーグを美味しく
調理するコツは「水を入れて蒸し焼き」にする事です。

一個のハンバーグに対して約50〜60ccほどの
水を入れてフタをし蒸し焼きにする事で
ふっくらしたハンバーグが出来ます。

1度、焼いてるので温まる程度の蒸し焼きで済むので
時短にもなります。

これは市販のお弁当用のハンバーグでも使える技で
ふっくらしたハンバーグが作れます。

まとめ

 

失敗しないハンバーグの焼き方について
紹介しましたがどうでしたか?

今回の事を簡単にまとめると

  • 弱火で焼く事で焦げにくい
  • じっくり火が通る
  • 弱火にする事で硬くなりにくい
  • 焼いてからの冷凍ものは水を入れ蒸し焼き

この4つになります。

弱火で焼く事で焦げにくく、中まで火が通りやすいので
ふっくらしたハンバーグを作る事が出来ます。

夕食でハンバーグを作る時に試してみては
どうでしょうか?

 

コメント