記事内に広告が含まれています。

子育てが少し落ち着く時期

スポンサーリンク

子供が生まれて、とても幸せな反面、

だんだんと子供に対してイライラしてしまったり、

育児に行き詰ってしまったりすることもあると思います。

子供に対してイライラしてしまうなんて、

自分は母親失格なのだろうかと

思ってしまう人もいるかもしれません。

 

特に第一子の場合は、育児がすべて手探りなので、

この大変な時期はいったいいつまで続くのと

途方に暮れている方もいると思います。

今回は、子育ての大変な時期が

落ち着くのはいったいいつ頃なのか、

各時期の悩みを取り上げながらお伝えいたします。

スポンサーリンク

ひたすらかわいいねんねの時期

新生児期から4か月ごろの

まだ寝てばかりであまり動くことのない時期を

ねんねの時期といいます。

この時期は、赤ちゃんが著しく変化していく、

成長がかわいいと感じられる時期です。

徐々に表情が出てきたり、

手足が活発に動くようになってきたりとかわいい盛りですよね。

 

でもお母さんは、慣れない育児に、夜間の頻回授乳に、

ストレスがとてもかかる時期です。

身体もまだまだ本調子ではないでしょう。

寝不足は身体だけではなく、精神も不調になってしまいますので、

家事は最小限にして赤ちゃんがお昼寝するタイミングで

お母さんも身体をしっかり休めるようにすることが大切です。

5か月~1歳ごろの時期

5か月から1歳ごろは、

どんどん活動的になっていく時期です。

はいはいからおすわり、つかまり立ちから歩き出しまで、

あっという間に成長していきます

 

6か月ごろからは離乳食も始まって、

家事の負担も増えてきます

離乳食も、作ること自体大変なうえに、

毎日メニューを考えるのも大変ですよね。

一生懸命作ったのに、全然食べてくれなかったり、

日によって食べたり食べなかったりで振り回されてしまいます。

 

夜泣きが激しい子もいるかもしれません。

ねんねの時期はしっかり寝てくれたのに、

寝かしつけが大変になったり、

途中で起きて泣き止まなくなってしまったり、

逆に朝までぐっすり寝てくれる子もいるかもしれません。

 

どんどん目が離せなくなって、

お母さんはとても大変な時期だと思います。

後追いも始まって、子供の相手で家事が思うように進まなかったり、

自分のご飯もゆっくり食べることもできなかったり、

トイレさえもゆっくり入ることができなくなったりします。

1~2歳の時期

1歳から2歳の時期は、

さらに行動範囲が広がって、自我が芽生えていきます。

こちらが言っていることもしっかり分かるようになり、

とてもかわいい反面、だんだんとわがままも増えて

ストレスも蓄積されていきます。

 

離乳食は少しずつ完了期に向かっていくので、

作るのは楽になりますが、

好き嫌いが出てきたり、遊び食べをしたり、悩みは尽きません。

 

また、少しずつ外の世界へ出ていきますので、

どうしても周囲と成長を比較して不安になってしまったり、

他の子供との関わり方や、

お母さん自身もママ友との関わりが出てきたりなど、

新しい悩みもできてきます。

2~3歳の時期

1歳の中頃から、出てきたイヤイヤが全盛期を迎えます

何をするにも嫌、思い通りにならなかったら

泣いたり癇癪を起したりするようになります。

あまりの激しさに、自分の子供は何かおかしいのではないかと

思ってしまうお母さんもいます。

 

この時期は、本当に精神的につらい時期です。

イライラして、感情のままに怒鳴ってしまって

後から後悔してしまうお母さんも多いと思います。

寝顔を見ながら「ごめんね」と謝る日々が続いてしまいます。

 

また、新たに頭を悩ますのがトイレトレーニングです。

失敗してしまった下着と服を洗うのに追われます。

怒ってはいけないとわかっていても、

もどかしさに感情が爆発してしまうこともあります。

3~4歳の時期

3歳もイヤイヤ期が続きます

いつまでこのイヤイヤが続くのだろう…と思うかもしれませんが、

ある日突然、

あれ、そういえば少し落ち着いてきたかも」と思う日が来ます。

 

特に、3~4歳の時期には

幼稚園に入園するという大きなイベントが待っています。

幼稚園に入って、集団生活が始まることで、

自分でできることも飛躍的に増えて、

少しずつ手がかからなくなっていきます

まとめ:本当に大変な時期は幼稚園入園まで

子供が生まれてから、子供の成長のこと、食事のこと、

しつけのことなどその時々で悩み、

時にはイライラしてしまいながら、

いつになったらこの大変な時期は終わるのだろうと思う

お母さんが多いと思います。

 

1つ悩みが解決しても、また新たな悩みが生まれて、

子育ては楽しいばかりではありません。

でも、つらい毎日でも子供と真摯に向き合い、

時には手を抜きながら、子育てを続けていれば

急に「そういえば前ほど怒らなくなった気がする」と

思える日が来ます。

 

子供には個性がありますから、

イヤイヤ期があまり大変じゃない子もいれば、

長くイヤイヤ期が続く子もいます。

元気で目が離せない子もいれば、

おとなしくてお母さんから離れられず、

集団になじめるのかなと心配になる子もいます。

 

どんな子も、その子のペースで少しずつ成長していきます

いつか必ず親の手から離れていく時がきます。

その時まで、お母さんは子供を見守り、手を差し伸べ、

成長を手助けしていかなくてはなりません。

 

子供と接していると楽しい幸せな気持ちと同じくらい、

つらく苦しい気持ちも感じると思います。

でも大変な時期は、いつか必ず終わりが来ます。

そのことを頭において、

自分に余裕がなくなってしまった時は、

一度深呼吸をしてみるとよいでしょう。

コメント